インフラ系エンジニアの気になる年収

IT系の仕事をしている方は、他の職種と比べると「収入には、満足している」と感じている方が多いと思います。IT系の仕事というのは、専門職ともなっていますから、収入設定が高いところが多いですよね。そのため、「更なる収入アップを目指して、転職を考えている」という方もいると思います。そんな方の中には、インフラ系エンジニアの仕事に興味を持っている方も、いるのではないでしょうか。

では、気になるインフラ系エンジニアの収入について、ご紹介しましょう。転職をする際には、多くの方が収入を上げたいと考えていると思います。やはり、仕事をする上ではやりがいも大切ですが、収入面というのも大切なものです。インフラ系エンジニアの年収としては、テクニカルサポート系の職種に就いた場合には、600万円程度が相場と言われており、かなり高い収入設定となっています。もちろん、収入は年齢や経験によっても変わってきますが、20代の場合には500万円程度、30代になると600万円程度となっていますから、他の職種と比べるとかなり高い収入を得ることが期待出来るでしょう。

「でも、インフラ系エンジニアの経験がないと、収入は少ないのでは?」と思われる方も多いと思いますが、基本スキルを身に付けている方であれば、400万円程度が相場となっています。インフラ設計や構築まで出来る方であれば、採用後700万円以上も可能となるでしょう。そして、インフラ系エンジニアとしての経験を積み、プロジェクトマネージャークラスとなった場合には、年収1,000万円も夢ではないのです。

このように、IT系の収入は他の職種と比べると高めの設定となっていますが、インフラエンジニア系エンジニアの場合には高い収入設定のところが多くなります。収入アップとキャリアアップを考えている方にとっては、両方を叶えられる職種と言っても過言ではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です