インフラ系エンジニアの資格

転職活動をする際には、ライバルが多いこともあります。待遇面が良い求人であれば、多くの方が応募することになるでしょう。そんな時、少しでも有利になるためには資格取得が欠かせません。資格取得をしていれば、客観的にあなたのスキルを判断することが可能になります。

では、インフラ系エンジニアの場合には、どういった資格取得をしていると有利になるのでしょうか。IT系の資格は、様々な種類があります。それぞれの職種によっても、持っていると有利な資格が変わることになります。インフラ系エンジニアの場合には、LinuxのLPIC認定制度がおすすめです。この資格は、多くのエンジニアの方がチャレンジしている資格となり、様々な場で求めら得る資格とも言えます。LinuxのLPIC認定制度は、大規模なWEBサイト構築などにも対応できる知識を持っていることが証明されることになりますから、転職時にも有利となるでしょう。カスタマイズや費用、インターネットサービス、LANといった様々な導入が進んでいる現在、LinuxのLPIC認定制度の制度は尚幅があり重宝されるでしょう。LinuxのLPIC認定制度には、サーバーやネットワークだけではなく、構築やトラブル対応、運用、オープンソース系のプログラマーといった様々な職種の方がチャレンジすることが出来ますから、今までの経験を見直すためにもチャレンジしておいて損はありませんよ。

「転職のために、資格取得をしておきたい」と考えている方は、LinuxのLPIC認定制度にチャレンジしてみませんか。インフラ系エンジニアを目指している方にとっても、この資格取得は転職にも有利になりますし、自分の技術への自信へも繋がる資格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です